リスクを重視!区分マンションの投資方法を確認する

家と硬貨

依頼の仕方を知ろう

ウーマン

一言に不動産会社と言っても、その業務内容は様々です。売買を中心にやっているところもあれば、仲介のみを行っている会社や賃貸管理を専業としている会社もあります。また、これらを複合的に行っている会社もあります。賃貸管理については多くの不動産会社が取り扱っていますが、何をメインとしている不動産会社なのかを見極めたうえで、賃貸管理の依頼をするようにしましょう。賃貸管理をお願いしたい会社が決まったら、どのような形式で依頼するかを考える必要があります。依頼の仕方として、主に一般媒介、専任媒介、集金管理を含めた専任媒介、家賃保証形式等があります。一般媒介とは入居者の募集を特定の不動産会社に依頼するのではなく、複数の不動産会社に依頼する形式を言います。より多くの不動産会社に依頼することができますが、不動産会社側からしてみれば他社でも扱えてしまう物件であるため、客付けのモチベーションが下がる傾向にあります。専任媒介とは、1社専属で入居者募集をお願いする形式です。自社でしか扱えない賃貸物件であるため、依頼した不動産会社のモチベーションは上がる可能性が高いです。専任媒介に加えて家賃の集金や滞納時の対応、退去時の精算までお願いする形が集金管理を含めた専任媒介です。そして、最近、取り扱いが多くなってきたケースが家賃保証です。空室になったばあいに、想定家賃の80%もしくは90%を保証するという内容のものが多いです。